住宅ローンの審査に通るために必要なことや正しい住宅ローンの組み方を解説します。

住宅ローン審査に通るための審査基準と対策のまとめ!

住宅ローンの審査に通るにはどうしらいいんですか?
住宅ローンの審査に通るか少し不安です。

はじめてのマイホーム購入は嬉しいけれど、住宅ローン審査に無事に通るのか不安に感じているあなた。

実は住宅ローンの審査はあなたが思っているほどには厳しくはなく、必要条件さえ満たしてしまえば、割とすんなりと審査に通ることも多いんです。

ただ、住宅ローンの審査基準や対策と言うのは、ひとくちに語れるものではなく、様々なテクニックや条件が複雑に重なっているのも事実。

そこで、あなたが初めて住宅ローンを審査を申し込むのであれば、まずは次の4つの条件を満たした住宅ローンを申込むようにして下さい。

住宅ローン審査の通し方!
  1. 住宅ローンの最大金額は必ず計算する
  2. 自己資金を少しでも多く用意する
  3. 過去の審査履歴はすべて告白
  4. 審査の甘い住宅ローンは存在する

まず住宅ローンの審査に通るには、この4つのポイントは絶対に外すことはできません。

これからあなたが住宅ローンの審査に通るために必要なポイントや条件を順番に解説していきますが、まずは住宅ローンの一括申込であなたに最適な住宅ローンプランを探してみましょう!

住宅ローンの一括査定をすれば、あなたの年齢や年収条件を元に最適な住宅ローンを見つけることができますよ!

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

住宅ローン審査では担当営業マンを"上手に"使おう!

住宅ローンの相談をする時って担当営業マンって信用できるの?
マンションの販売営業マンって何だか信用できないんだけど…

モデルルームの内覧ではとても気に入ったマンションだけど、ただ何となく担当販売員の話が胡散臭くて信用しきれないと思っているあなた。

たしかにマンション販売の営業マンは家を売るのが仕事なのであり、あなたのライフサポートをしてくれる訳ではありません。

ですが、住宅ローンの審査となれば担当営業マンからのアドバイスや口利きと言うのは意外と役に立つシーンも多いのです。

特に今からお話しする内容と言うのは、担当営業マンから良く出るの間違いのない真実のアドバイスです。

だからこそ、住宅ローンの審査を申し込む前に、あなたもぜひチェックして下さいね。

 

住宅ローン審査に今すぐ通過するための4つの対策!

住宅ローンの審査対策①住宅ローンの最大金額は必ず計算する:

point 1
ローン上限を
知っておく

まず住宅ローンを組む時に最初に知っておいて欲しい事は「あなたが組める住宅ローンの金額は最大でいくらなのか?」という事実です。

もちろん、借りれるお金と返せるお金は違いますが、最大でいくらまで借りれるのかを知っておくことも、住宅ローンの審査では大事だからです。

多くの場合、前年度の税込み年収を元にして融資できる住宅ローンの上限額を計算しています。

住宅ローンの計算方法(例)
税込み年収 計算式
300万円未満 年収の20%×住宅ローン年数
300万円以上 年収の30%×住宅ローン年数
400万円以上 年収の35%×住宅ローン年数
600万円以上 年収の40%×住宅ローン年数

例えば、年収400万円の人が35年ローンを組んだときの最大ローン金額は、400万円×35%×35年=4900万円がおよその住宅ローンの目安となります。

ただし、あくまでこれは住宅ローンの最大金額を計算するための目安であり、実際には契約する住宅ローンの内容や金利によって大きく左右される点は忘れないで下さい。

また、年収400万円の人が4900万円の住宅ローンを組めば、毎月の返済は約13万8320円(年率1.0%)となり、毎月の生活費のほとんどが住宅ローンの返済で消えてなくなってしまいます。

将来の出産や育児、大学費用などを見据えて考えるのであれば、「借りれるお金と返せるお金は全くの別物」と考えておくことが大切です。

とは言え、まずは電卓を片手にあなたが最大で組めるローンの上限を計算してみれば、今後購入しようとしているマンションの予算やグレードを決める一つの手段に繋がります。

 

住宅ローンの審査対策②自己資金を少しでも多く用意する:

point 1
自己資金は
1円でも多く

今すぐできる住宅ローンの審査対策として最も有効なのが「自己資金を1円でも多く集める」ということです。

最近ではARUHI(旧:SBIモーゲージ)などの金融機関が、自己資金の多さに合わせて金利優遇を行う「ARUHIスーパーフラット」などの住宅ローンも登場してきました。

つまり、銀行などの金融機関からしても、年収の高さと同時に現在の自己資金の多さも審査では重要な項目として見られているということです。

でも、今すぐ住宅ローンの自己資金を増やすなんて難しいんだけど…
そんな時は親から一時的に借りるのも一つの方法です。

あまりおすすめはしませんが、もし自己資金が潤沢にない場合は、一度親に相談してお金を借りる方法も一つの方法です。年間500万円までの資金移動であれば相続税も発生しません。

また、スズメの涙と言っても毎月の節約や不用品の処分、副業を始めるなど、ちょっとした財畜の方法はたくさんあるので、仮審査がやってくるその日までにやれることはやっておきましょう。

 

住宅ローンの審査対策③過去の審査履歴はすべて告白:

point 1
カード履歴は
すべて告白

もしあなたが今まで家族に黙ってカードローンやクレジットカードを使ってきた経歴があるのなら、今ここで全てを告白するべき時なのかもしれません。

マンションなどの分譲販売の時は、住宅ローンを申し込む前に一時金や手付金を入金しますが、住宅ローンの審査にすべて落ちてしまったらどうなってしまうのか?

実はほとんどの場合、住宅ローン特約を結んでいて、住宅ローン審査に落ちて物件購入ができなかった場合は、手付金や一時金が全額返されるという特約を売買契約時に結んでいるはずです。(不安な人は販売担当者に確認してみましょう)

ですが、この住宅ローン特約の特記事項の中には「申込者が過去の債務内容で隠している項目がある場合、一時金の返金保証はない」と記載されています。

つまり、事前の住宅ローンアンケートなどで、現在の借金の状況や過去のカードローンの利用履歴や返済履歴などを正直に申告していなかった場合、すべての住宅ローン審査に落ちてしまっても、手付金や一時金は戻ってこないということです。

せっかくマイホーム購入を夢見たのに、住宅ローンに通らず、一時金すら返ってこないのであれば、家族関係も冷え冷えになってしまいますよね。

そんな悲しい最悪の事態を避けるためにも、カードローンやクレジットカードの利用履歴はこの際、すべてを告白しましょう!

 

住宅ローンの審査対策④審査の甘い住宅ローンは存在する:

point 1
審査の甘い
ローンはある

実は住宅ローンの審査には、審査が甘いものから厳しいものまでしっかりあります。

もちろん、体裁としては各銀行も「厳正な審査の上、融資を行います」としか回答しませんが、実際には審査が適当な銀行が存在するのも事実です。

一般的に言われている住宅ローン審査のヒエラルキーとしては、「メガバンク > 信金・地銀 ≧ ネットバンク > ノンバンク」の順番で審査が甘くなっていく傾向と言われています。

ただ、最近は金利の安いネットバンクを利用する人も増えてきたので、ネットバンクと信金・地銀の審査の難易度は同じくらいかもしれません。

また、同じ金融機関の中でも、取り扱う住宅ローン商品で審査の難易度が変わるケースも多い点にも注意が必要です。

一つ確実に言えることは「全体を見渡せば、審査の甘い住宅ローンは必ずある」ということ。

この辺の事情を詳しく知っている身近な人として、あなたのマンションの販売担当者がいます。彼を通じて最新の住宅ローン審査のぶっちゃけ事情を聞いてみるのもおすすめです。

 

連帯保証人や年収合算をすれば住宅ローン審査に通る可能性はさらに上がる!

もっと確実に住宅ローン審査に通る方法ってないの?
住宅ローンの保証人って審査にどんな影響を与えるんですか?

住宅ローンの審査に通るためのもう一つの方法として、連帯保証人を擁立して年収合算をする方法があります。

例えば、夫婦共働きをしていて、夫の年収が400万円、妻の年収が200万円の場合、年収合算をすれば世帯年収600万円になります。

つまり、本来なら夫の年収400万円で審査を申し込む必要があったところ、年収合算をする事で600万円の年収として審査を申し込めるのが連帯保証人による年収合算です。

連帯保証人を擁立しての年収合算を利用すれば、あなたが希望する住宅ローン金額に足りない時や、希望物件の購入予算に足りない時の一押しとしてとても効果を発揮します。

ただし、年収合算による住宅ローンを購入すると、妻が出産や育児などで退職した時の毎月の支払いが一気に苦しくなるので、慎重な判断が必要です。

審査の与信能力を高める方法としても連帯保証人はとても効果的ですが、使い時は慎重に考えましょう。

 

まずは住宅ローンの一括査定であなたに最適な住宅ローンを探そう!

住宅ローン審査と聞くと何やら難しそうに聞こえるかもしれませんが、実際には意外と簡単に申し込めたりするものです。

そのため、あなたが集中してまず取り組むべきことは、「どこの住宅ローンが最適なのか?」をしっかりと見定めること!

もちろん、金利の安い住宅ローンを探すことはとても重要ですし、将来の総支払い額に大きな影響を与えることは間違いありません。

ですが、あなたの家族構成や年収、職業などにもよって、住宅ローンの審査基準が大きく左右されるのも事実です。

腹立たしい話ですが、あなたの年収や勤務先の会社規模を理由に、融資を断る銀行も存在します。

だからこそ、まずは住宅ローンの一括査定を利用して、あなたの審査条件に合致した最適な住宅ローンを探すことがとても大切!

住宅ローンの一括査定を申し込めば、担当営業マンが紹介してくれなかったお宝の住宅ローンを発見することができるので、今すぐチェックして下さいね。

↑詳細は今すぐクリック!↑

おすすめのカードローン3選!

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス

プロミスなら最大30日間まで無利息キャッシングができてとても便利!

プロミスならセブン銀行に表示されたQRコードを公式アプリで読み取るだけで、24時間いつでもキャッシングできるのでカードレスなキャッシング生活が遅れます。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら、口座開設なし・低金利で借りれる安心の銀行カードローンになっています。

提携ATMの利用手数料が無料になることや、毎月の返済額も安く設定されているので、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ!

投稿日:

Copyright© 住宅ローン審査に通るための審査基準と対策のまとめ! , 2018 All Rights Reserved.